トイレの水漏れを修理する方法

水回りで何らかの問題があって水漏れしてしまうと、どんな場所であっても困って日常生活が送れなくなってしまいます。特に家族が1日に何回も使用するトイレは、ただの水回りではなく汚物をともなう汚水が漏れてしまうので問題も深刻です。自分で修理することは難しく、放置すれば長い間トイレが使用できなくなります。そこで、なぜトイレで水漏れが起こってしまうのか、また、どのような修理の方法があるのかについて説明します。

■トイレの水漏れの一番の原因

そもそも、なぜトイレで水漏れトラブルが起きるのでしょうか。トイレは1日に何度も使用する大切な場所であるため、流れる水や汚物の量も少なくありません。経年劣化によってパイプや便器がひび割れを起こすなどの老朽化が、水漏れを起こす最大の原因と言えるでしょう。
トイレでよく水が漏れるのは、便器、タンク、給水管、温水洗浄便座の給水ホースやノズルなどです。トイレは決して広い空間ではありませんが、コンパクトなスペースなのにいかに水漏れが生じる場所が多いかということに気付くでしょう。パッキンやゴムなど分かりやすい部品の交換なら自分でできるかもしれませんが、故障箇所が分かっていても自分では修理の方法すら分からないこともあります。その場合は、やはりプロに任せた方が賢明と言えるでしょう。

■トイレの水漏れ修理の方法

トイレの老朽化によって最も水漏れしやすいのがトイレタンクです。トイレタンクから水が漏れてしまっている場合は、水が供給され続ける間止まることなく漏れ続けるので、まずはタンクに水を供給している止水栓を止めなくてはなりません。こうすることで、水漏れしている箇所を発見しやすくなります。
トイレタンクは、パーツがずれたりパッキンが緩んだりすることでも水が漏れることがあります。この程度の修理なら自分でもできるでしょう。しかし、水が漏れている場所がよく分からず応急処置も難しいという場合は、無理をして事を大きくすることなく、プロにお願いした方がいいでしょう。特に、温水洗浄便座から水が漏れている場合は、自分で手を出すと感電などの思わぬ事故に巻き込まれることもあります。

■まとめ
トイレは、朝起床した時から夜中まで、1日中家族が快適に過ごすために重要な設備です。いつも清潔に保ちたい場所ですが、いつの間にか水漏れしていることがあります。そのほとんどは老朽化によるものであり、トイレタンクや温水洗浄便座から水が漏れてしまいます。部品の交換やパーツの位置固定などの簡単なものであればDIY感覚でできるかもしれませんが、無理をすると長期間に亘ってトイレが使用できなくなることもあります。
トイレは台所の水道のようにただ水が漏れるというだけでなく、汚物が逆流して漏れるということもあり、素人考えで確かな方法も分からないまま修理すると大惨事になることもあります。こんなときこそ、水回りのトラブルに豊富な経験と知識があるプロにトイレの交換を任せるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ