水漏れの修理、交換は自分でもできるのか

台所やお風呂、トイレなどで水漏れが起きたときは誰でも慌てます。チョロチョロと水が落ちて漏れているだけでも水道代がもったいないと考えますが、噴き出すような漏れであるとパニックになってしまうこともあるでしょう。水回りのトラブルが生じた場合、まずは自分の手でどうにかならないかと、ホームセンターなどに走って修理や交換を試みることがあります。自分で対応できるレベルとプロにお願いする状況には、どのような違いがあるのでしょうか。

■水漏れの主な原因とは

洗面所や台所の蛇口、トイレの便座など、水回りに関する施設設備が老朽化して壊れてしまうことがあります。正しく丁寧に使っていても、経年劣化は避けることができないものであり、水回りにも寿命は存在して当然です。水道の蛇口のパッキンなどの小さなパーツであれば自分で交換することができますが、便器やシャワー設備となるとお手上げ状態になることもあるでしょう。
よく水を使う部分では、パッキンやさまざまなパーツが劣化することで水が漏れるようになります。新しいパーツを購入して交換すれば、それほど大きな修理作業をともなわずに仕上げることができるでしょう。最近では、さまざまな水回りの部品を豊富に揃えている量販店やホームセンターも多く、複雑な工程なしで修理することも可能です。

■無理はせずにプロに依頼することも大切

パッキンやパーツの他、ナットや接続部分が緩んで水が漏れることもよくあります。蛇口をひねると勢いよく出てくる水は、その水圧の振動でナットや接続部分を緩ませます。この緩みは経年劣化によって徐々に規模が大きいものとなり、知らない間にポタポタという滴からジャージャーという水の量に変化することもあるでしょう。
ナットや接続部分の緩みは、工具で締めなおすだけで元の状態に戻すことができます。しかし、何年も経っていて錆びたり、もろくなったりしている場合は、力を入れすぎて部品を破損してしまうこともあるため注意が必要です。部品の交換や修理に挑戦してみて無理だと思ったら、取り返しがつかなくなる前にプロに依頼するようにしましょう。

■まとめ
水漏れの原因には、本体自体が老朽化していること、パッキンなどのパーツが傷んでいること、接続部分が緩んでいることなどの他に、排水管や給水管に問題が生じていることもあります。普段は目にすることがない隠れた部分にある排水管や給水管は、経年劣化によって破損することがよくあります。
蛇口部分は止水栓を止めれば素人でも修理、交換ができる場合もありますが、大元の水栓とつながっている排水管、給水管の破損による水漏れは、素人の手には負えません。また、パイプが詰まっていることによって水漏れが生じることもありますが、これも素人が手を出すとさらに詰まらせたり、パイプを大きく破損したりして取り返しのつかないことになります。給湯器 交換が必要となることもあるので、大変なことになる前に、プロの業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ