排水管、給水管の水漏れの修理と工事

水回りのトラブルの中でも意外に多いのが、給水管や排水管 水漏れです。排水管や給水管は言うまでもなく、水が流れ出し排水されるまでの水がスムーズに循環するための重要な通り道です。普段は全く意識することなく流れて当然と思っていますが、一度水漏れが生じると、その重要性と事の深刻さを痛感することでしょう。給水管や排水管を原因とする水漏れは、なかなか素人の手に負えるものではありません。では、修理や工事が必要となったときはどうすればいいのでしょうか。

■給水管の水漏れ

給水管は蛇口をひねると水が出てくるように、家庭で水道を使用するためにさまざまな場所の蛇口につながっている配管です。一般的には水道管と呼ばれるもので、自然災害が発生すると水道管が破損することで断水が生じます。給水管にはタンクのように常に水が溜まっている状態ではなく、使用するときだけ水が流れるように、圧力をかけることなく上から下へ流れるように設計されています。
給水管は、排水管とは違って物が詰まって破損したり破裂したりすることはほとんどありません。しかし、まれに異物が引っかかったり、汚れが溜まったりすることによって圧力がかかり、給水管に負担をかけることによってトラブルが生じることがあります。給水管は自分でメンテナンスすることが難しいため、日頃から掃除をするなど劣化を防ぐ必要があります。それでも給水管にトラブルが生じた場合は、少量の漏れでも床が歪んだりカビが生えたりすることになるため、プロに修理や工事を相談することが大切です。

■排水管の水漏れ

排水管は食器洗いで使った水、トイレを流した時の水、シャワーや浴槽の水など、家庭のさまざまな場所で使用した水を外部へ排出するためのパイプです。そのほとんどは綺麗な水ではなく汚水であるのが特徴で、圧力をかけることなく上から下へそのまま流れるような構造になっています。水を流していない場合は排水管は空の状態であり、排水されるときだけ使用されるのが特徴です。
家庭においては、台所では排水溝用ネット、お風呂には目の細かいフィルターの役割を果たす排水口の蓋など、さまざまなアイテムで排水される水にできるだけ異物が入らないようにしています。しかし、それでも細かな異物が蓄積され、カビや水垢、皮脂などがパイプの内壁にへばりつくことによっても、排水管が詰まりやすくなります。詰まりが起こりやすい場所となるため、水漏れも起きやすく、プロの業者でないと修理や工事ができないことがほとんどです。

■まとめ
給水管、排水管などの水回りの配管は、床下や壁の中に埋め込まれているため、普段意識するのは台所や洗面所、トイレの排水管ぐらいでしょう。蛇口やパイプの接合部分からの水漏れであれば、自分で修理することもできますが、目に見えない部分から生じている場合は壁や床の水のシミなどで発見することもあります。そうなると自分で対処することは難しいため、プロに依頼することになります。
少量の水が漏れているからとそのまま放置すると、住宅の構造にも影響するような大きなトラブルになりかねません。大規模な工事が必要となる前に、プロに見積もりから依頼して、どのような状態でどのような修理が必要なのかを明確にしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ